--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-12-31(Wed)

上位クラスと同等の良い音 Martin D-16GT

 Martin D-16GT

 より安い価格でMartinサウンドを手に入れたい人はこれ。
 オール単板で、トップはシトカスプルース単板、サイドバックはマホガニー単板。
ブレーシングにはAフレームブレーシングの改良型のHybrid X scallopedで、廉価版シリーズよりXブレーシングに近い本格的なサウンドとなっている。
トップはグロスフィニッシュで、ロゼッタにはヘリンボーンが入っている。

 私もMartinは、Little Martinの次にこれを買った。
とても大きくて明るい良い音が鳴る。 鈴鳴り、ドンシャリというよりは明るくて大きい音だと思う。 低音も高音も出る。
D-28や、D-18は高くて買えなかったので、D-16GTを買ったが、十分満足のいくマーチンサウンドだ。
安くてしっかりしたマーチンの音が手に入れられると人気のギターだ。

Martin D-16GTを楽天で探す。


スポンサーサイト
2014-12-31(Wed)

ミニサイズだけど本格的なギター。Taylor GS Mini

 Taylor GS mini

 テイラーの、ミニサイズだけど本格的な造りのミニギター。
 GSモデル(GS8、316、816等)を小さくしたもので、スケールは596.9mmとなっている。 指板幅は43mmで、大きいギターとあまり変わらないので弾きやすい。 いわゆるトラベルギターよりはやや大きめかもしれない。
 もともとGSモデルの形は売れ筋のGAサイズ(GA8、314、814等)よりおしりを大きくした形なので、そのミニサイズということで、充分な鳴りを得られると思われる。
 トップはスプルース単板、サイドバックはサペリ合板。指板とブリッジはエボニーが使われている。
 オールマホガニーやオールコアのモデルもある。

Taylor GS Miniを楽天で探す。

2014-12-31(Wed)

GUILDの総単板カッタウェイ F-130CE F-130RCE

 GUILD F-130CE
 GUILD F-130RCE

ギルドで総単板でかっこいいと思うギター。 ギルドというと、大きくて精悍なドレッドノートが思い浮かぶが、スマートでかっこいいのもある。 総単板の000サイズでカッタウェイのついたF-130CEとF-130RCEだ。 F-130CEは、トップがスプルース単板、サイドバックがマホガニー単板、F-130RCEは、トップがスプルース単板、サイドバックがローズウッド単板。
 ギルドの中では小さめだが、やや広めの指板で、弾きやすさをアップしているようだ。
 カッタウェイなしのモデルもある。

GUILD F-130を楽天で探す。



2014-12-30(Tue)

かっこいいギター。YUI使用モデル。Fender GA-45SCE

 Fender GA-45SCE
 フェンダーのアコースティックギターで人気があるのはこれかな。 Fender GA-45SCE。 YUIが使ってたということでも人気があるようだ。
 Fenderのアコースティックの中では今風の形をしている。Geand Auditoriumでカッタウェイだ。トップはスプルース単板、バックはローズウッド単板、サイドはローズウットのラミネートになっている。 音も良いと評判だ。
 同じ機種でも年代によってピックアップとプリアンプが違うようだ。Fishman Presys Blendがついているものもあるようで、これだと、ピエゾとコンデンサーマイクのブレンドができる様になっている。 このピックアップとプリアンプは、ほかのギターにつけて使っているが、結構ナチュラルな良い音がする。 ピックアップやプリアンプが違う場合もあるだろうが、どれも評判は良いようだ。

Fender GA-45SCEを楽天で探す。

2014-12-30(Tue)

いつかは欲しいGibson J-45

 Gibson J-45

 これもいつかは欲しいGibson J-45。
  ストロークでジャカジャカ弾くには最高といわれている。 オールラウンドなMartin D-28とは対照的な感じ。
 トップはスプルース、バックはマホガニーのものが標準。
 ストロークの音は、ジャキジャキ鳴る物が良いという話を良く聞く。 ミュージシャンがジャキジャキとリズムを刻んで歌っているのを見ると、なんとも言えずおしゃれなものだ。


Gibson J-45を楽天で探す。

2014-12-30(Tue)

いつか欲しいMartin D-28

 Martin D-28

 いつか欲しいのはやっぱりMartin D-28だろうか。
 アコギのお手本というか王道というか、たぶん買って弾いてみたら、あーこの音かという感じになるんだろうな。
 鈴なりとかドンシャリとかそういうサウンドなんだろうな。
 いつかはマーチンだな。

 スプルース、インディアンローズウッドのものが標準らしいが、アディロンダックスプルースやブラジリアンローズウッド等のほかの材のモデルもあるようだ。1969年以前はブラジリアンローズウッド(ハカランダ)だったそうだ。


Martin D-28を楽天で探す。

2014-12-30(Tue)

国産手工ギター Morris S-101Ⅲ

 Morris S-101Ⅲ

 Morris S-101は、国産の手工ギターで、作りは丁寧、音もすごく良いと思う。 スプルースとローズウッドの総単板で、ラウンドバック、ブレーシングも凝ったつくりになっている。 指板はやや広いので指弾きに向いていると思う。 指板は広いがネックが薄いのが特徴で、とても弾きやすい。 ピックアップもついているのでエレアコとしても使える。

Morris S-101を楽天で探す。

2014-12-30(Tue)

入門用に良いアコギ S.Yairi YD-42

 S.Yairi YD-42

 入門用に良いアコギってどんなのがいいだろうか。 入門用とはいえ、まず音は良いもの、全面合板ではなく単板でできているギターの中から選ぶといいと思う。値段はちょっと高くなってしまうけど、後々まで弾ける。
 私はS.Yairi YD-42を、2本目に買ったけど、今考えても良い音で鳴る。ソロギターも歌もできるし、良いと思う。 ドレッドノートなのですこし大きいから、小さいのがいい人は、000タイプや、オーディトリアムと呼ばれる少し小さくてくびれのあるタイプから選ぶと良いと思う。

S.Yairi YD-42を楽天で探す。

2014-12-30(Tue)

テイラーならまずこのモデル。TAYLOR 314ce

 TAYLOR 314ce

 テイラーならこの300シリーズ以上が良いなあ。 サイドバックはサペリだけど、総単板なのと、ピックアップがESシステムかES2システムだから音色が良さそうだ。 314でも良い音するらしいけど、コンパクトなボディなら312、低音の迫力を出したいなら316が良いんだろうな。 サイドバックは標準モデルで400がウォルナット、500がマホガニー、600がメイプル、700、800がローズウッドだったと思う。

TAYLOR 314ceを楽天で探す。

2014-12-30(Tue)

ヨコヤマギターズは良いなあ。Yokoyama Guitars AR-SL

 ヨコヤマギターズの中古も見つけた。中古とはいえやっぱり高い。 サイドバックがレースウッド。 レースウッドって変わった木目だな。 どんな音色だろう。

楽天

プロフィール

たくちゃん

Author:たくちゃん
ギター、主にアコギをネットで調べるのが大好き。良い音色、良い鳴りのギターを探して比較したり紹介したりしています。

カウンター
楽天1
最新記事
楽天2
最新コメント
楽天3
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
スポンサードリンク1

リンク
スポンサードリンク2

RSSリンクの表示
スポンサードリンク3

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。